宇和島市 借金返済 弁護士 司法書士

宇和島市在住の人が借金の悩み相談をするならここ!

借金返済の悩み

宇和島市で多重債務や借金などの悩み相談をする場合、どこがいいのか決めかねていたりしませんか?
せっかく相談するなら、優秀な弁護士や司法書士がいる法律事務所・法務事務所にしたいですよね。
ここでは、インターネットで無料相談できる、お勧めの法務事務所や法律事務所を紹介しています。
もちろん宇和島市に対応していますし、相談は無料なので安心できます。
いきなり直接相談するのは少し気後れする、と思っている人にもお勧めです。
多重債務・借金返済で困ってるなら、まず司法書士・弁護士に相談して、解決策を探しましょう!

宇和島市在住の人が債務整理や借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

宇和島市の借金返済や多重債務解決の相談なら、こちらの事務所がお勧めです。
弁護士が対応してくれる、全国対応の法律事務所です。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心です。
料金の支払いは、分割払いでもOK。
相談料金ももちろん無料!
借金の取り立てをストップするのもできます。
任意整理、自己破産、個人再生、過払い金、など、債務や借金の問題について相談できます。。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受け付けしてくれます。
フリーダイヤル(通話料無料)で相談受付してくれるので、お金に困っている方も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国に対応している、借金や過払いの悩みが相談できる司法書士事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分に適したやり方で借金問題を解決します。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、取り戻した過払い金から費用を精算できます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいので、おトクに解決が可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の方も安心して相談できることでしょう。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょうか。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

宇和島市在住の人が債務整理や借金の相談をするなら、これもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットを使った診断ツールです。
とてもカンタンな3つの質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、少し怖い。
そんな人にもピッタリです。
しかも、無料&匿名で使えます☆
全国に対応のサービスなので、宇和島市在住の人も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減額する方法が分かる!
  • 月々の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名・無料で利用できる!
  • 全国に対応!
あなたの債務・借金の悩み、匿名&無料で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談と診断を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



他の宇和島市近くの法律事務所や法務事務所の紹介

他にも宇和島市にはいくつかの法務事務所や法律事務所があります。参考にしてみてください。


●増田法律事務所
愛媛県宇和島市佐伯町2丁目3-29
0895-20-1175

●稲田司法書士事務所
愛媛県宇和島市丸之内4丁目4-15ナカタハイツ1F
0895-23-2872
http://shiho-shoshi-ehime.or.jp

●吉田勝司法書士事務所
愛媛県宇和島市中央町1丁目1-15
0895-25-5955

●井上正実法律事務所
愛媛県宇和島市桜町1-37ビルC2F
0895-25-5711

●岡原法律事務所
愛媛県宇和島市賀古町2丁目2-32
0895-24-0646

●渡辺敬介司法書士事務所
愛媛県宇和島市寿町2丁目2-4
0895-22-2288

●田中淳夫司法書士事務所
愛媛県宇和島市錦町4-19
0895-23-1131

●酒井教司司法書士事務所
愛媛県宇和島市栄町港3丁目2-20
0895-24-2786

●本多総合法律事務所(弁護士法人)
愛媛県宇和島市和霊元町1丁目1-17
0895-22-2480

●宇和島法律事務所
愛媛県宇和島市錦町9-6
0895-23-5232

●井岡恒由司法書士事務所
愛媛県宇和島市三間町宮野下530
0895-58-3689

●河野伸児司法書士事務所
愛媛県宇和島市津島町岩松甲425-5
0895-32-5811

●二宮康孝司法書士事務所
愛媛県宇和島市和霊元町4丁目3-18
0895-24-7277

●タカタ法律事務所
愛媛県宇和島市寿町2丁目5-1コトブキビル1F
0895-28-7910

●伊勢田司法書士事務所
愛媛県宇和島市和霊元町1丁目1-17
0895-22-2864

●松本法律事務所
愛媛県宇和島市京町2-23
0895-22-4416

●大島博法律事務所
愛媛県宇和島市御徒町1-15
0895-25-7800

宇和島市にある地元の法務事務所や法律事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、直接相談よりも、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、相談しやすいという方も多いのではないでしょうか。

借金返済や多重債務に宇和島市在住で弱っている人

クレジットカードのリボ払いやキャッシング会社等は、ものすごく高い金利がつきます。
15%〜20%もの金利を払うことになってしまうのです。
住宅ローンの場合だと年間0.6%〜4%ほど、車のローンの金利も年間1.2%〜5%ぐらいですから、その差は火を見るより明らかです。
さらに、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定するキャッシング業者の場合、金利が0.29などの高利な金利をとっている場合もあります。
ものすごく高い金利を払い、しかも借金はどんどん増えていく。
お金を借りたのは自分の責任なので仕方ないのですが、金利が高利で金額も大きいとなると、返済の目処が立ちません。
どう返せばいいか、もうなんにも思い付かないなら、法律事務所・法務事務所に相談してみてはどうでしょう。
司法書士・弁護士なら、借金・お金問題の解決策を見つけてくれるでしょう。
長期返済の計画かもしれませんし、過払い金を請求して返済金額が減額するかもしれません。
まず相談する、これが解決するための第一歩です。

宇和島市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|借金返済

債務整理にも多くのやり方があって、任意で消費者金融と話し合う任意整理と、裁判所を介した法的整理である個人再生又は自己破産と、種類があります。
では、これらの手続についてどのような債務整理のデメリットがあるでしょうか。
これら3つのやり方に共通する債務整理の不利な点と言うのは、信用情報にそれらの手続きをやった事が掲載されてしまう点です。言うなればブラックリストというような状況になるのです。
としたら、大体五年から七年位は、カードが創れず又は借り入れができなくなるでしょう。だけど、あなたは返済額に苦悩し続けこれらの手続を進める訳ですから、しばらくは借入れしないほうがいいのじゃないでしょうか。
ローンカード依存に陥っている方は、逆に言えば借り入れができない状態になる事によって助かるのじゃないかと思われます。
次に個人再生・自己破産の債務整理デメリットですが、官報にこれ等の手続きを行った事が掲載されてしまうという点が上げられます。しかしながら、あなたは官報等観た事がありますか。逆に、「官報ってなに」という人の方が複数いるのじゃないでしょうか。
実際のところ、官報は国が発行する新聞みたいなものですけれど、業者などの極僅かな人しか見てないのです。ですから、「破産の実情が御近所の方々に広まった」等という事はまずもってないでしょう。
終わりに、破産特有の債務整理のデメリットですが、一度自己破産すると7年という長い間、再び破産できません。これは用心して、2度と破産しない様に心がけましょう。

宇和島市|自己破産にはどんなリスクがあるの?/借金返済

はっきし言えば社会一般で言われている程自己破産のリスクは多くないです。土地、高価な車、マイホームなど高価なものは処分されるのですが、生きていく上で必要な物は処分されません。
又20万円以下の預金も持っていてもいいです。それと当面の間の数ケ月分の生活する為に必要な費用100万未満なら持って行かれることは無いです。
官報に破産者のリストとして記載されるがこれも極一部の人しか見ないのです。
また俗にいうブラック・リストに載り七年間の間キャッシング又はローンが使用キャッシング、ローンが使用不可能な状況になりますが、これは致し方ない事なのです。
あと定められた職に就職できないと言うこともあるのです。しかしながらこれもごく特定の限られた範囲の職種なのです。
したがいまして債務超過で返す事のできない借金を抱えこんでいるならば自己破産を進めるというのもひとつの方法です。自己破産を実行したならば今日までの借金が全くなくなり、新たな人生を始めると言うことで長所の方がより大きいと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限として弁護士や公認会計士や税理士や司法書士などの資格は取り消しされます。私法上の資格制限とし後見人・遺言執行者・保証人にもなれないです。又会社の取締役などにもなれないでしょう。けれどこれらのリスクはおよそ関係がないときが多いのではないでしょうか。リスクは余り大きなものじゃないはずです。